肩こり、首の痛み、偏頭痛、顎関節の痛み、開口障害、クリック音(お口の開閉時に音がする)、耳鳴り、めまい、手足のしびれ、腰の痛み、歯痛、原因不明の目や喉の痛みと不快感。

※症例:クリック音

agoclick

今、上記のような症状を訴える方が増えています。

これは、「顎関節症」と呼ばれるもので、主に不正咬合(ふせいこうごう・上下の歯が適切に噛み合っていない状態)と心理的ストレスが原因と考えられています。

顎を動かしているのは筋肉ですが、不正咬合と心理的ストレスが引き金となり、顎の間接の周りが痛くなり、上記の症状を引き起こすのです。

思い当たる方は是非一度、噛み合せをお調べになることをお勧めします。

治療はまず、資料(顎関節規格X線写真、模型、口腔内写真、顔面写真等)を揃え、口腔内の審査を行い、原因を詳しく調べます。原因がわかれば原因の除去と筋肉のリラクゼイションを図ります。

詳しい内容はお気軽にご相談ください。