保険で作れるレジン義歯は、安い反面、分厚い為、舌が口蓋に当たって喋りにくい、ズレやすい、食べ物を食べても味を感じ無いなどデメリットがあります。

そのデメリットを改善したのが、金属床・部分床金属義歯で、薄い金属で厚さは1ミリ~1.5ミリと3分の1位の薄さで、全面が床になっていなく、部分だけが床になっている物もあり、食べ物の温度や味を感じる事もできます。

image2

金属製なので薄くても剛性があり、一般的な金属床に使われる「コバルトクロム」より軽い「チタン」製の義歯は、より頑丈です。

材質は、コバルトクロム、チタン合金や純チタン、金合金などが有ります。

金属床・部分床金属義歯は、部分義歯、総義歯の双方に対応が可能です。

ご予約・ご相談窓口

ご相談・ご予約はお電話でどうぞ。