義歯治療とは?

虫歯や歯周病など、様々な歯の病気で失われた機能を義歯(入れ歯)により回復する治療です。 (補綴)

義歯には、失った歯の数や場所により、大きく2種類に分けられます。

義歯(入れ歯)の種類

義歯(入れ歯)は、全部床義歯(総入れ歯)と部分床義歯(部分入歯)の2通りの治療方法が有ります。

義歯の材質

義歯は様々な材質があります。

健康保険の適用範囲では、鉤の設計や使用できる金属、材質、使う技術等にも制限があり、歯の負担が増すことがあります。

一方、保険外(自費)ではより軽い(チタン製など)金属を使うなど、そのような制限がありませんので時間をかけて快適な義歯を作成することが可能です。

保険適用の種類と違い

義歯(入れ歯)には保険適用保険適用外(自由診療)の2種類がございます。

保険適用:健康保険が3割まで適用されるので安価に収まるメリットが有りますが、噛むとズレやすい、プラスティックの床を被せるので味覚を感じない、歯茎と義歯の間に食べカスが溜まりやすい、などデメリットも多く、必要最低限の治療と言えます。

保険適用外(自由診療):保険適用の義歯に比べ、審美性(見た目)に優れ、耐久性が強い、噛む感覚が抜ける前に近いなどメリットが多いのが特徴で、患者様の症状、材料に応じたカスタマイズに応じられる反面、治療の本数によりますが、数十万円~数百万円と高額の費用となります。

体表的な義歯の種類

今お使いの義歯でお困りの方に

良い義歯とは?

詳しい内容はお気軽にご相談下さい