コーヌス・クローネとは?

通常の義歯は、取り付ける際、周りの残った歯にバネで引っ掛けて固定します。

clamp-gisi

利点として、取り外しが簡単ですが、ぐらついたり、長期間使用するとバネの張力により、バネを引っ掛けられる側の歯が痛む原因となります。

一方コーヌス・クローネの場合、バネで残った歯に引っ掛けるのとは違い、

残った歯を削って形成し、その上に金属の冠(内冠)を被せ接着します。

clone-befo

その内冠にはまる冠(外管)の付いた義歯を被せるのがコーヌス・クローネです。

clone-after

コーヌス・クローネが茶筒式義歯と呼ばれる理由

残存歯に被せる冠と義歯の繋がる原理が、茶筒と蓋の閉まる原理と似ているからです。

茶筒は本体を強く振っても蓋は外れないが、蓋にゆっくりとした力を加えると簡単に外れます。コーヌスクローネも同じ原理を利用しています。

コーヌス・クローネ 保険・費用について

コーヌス・クローネは自由診療ですので保険適用外となります。

費用については、お問い合わせ下さい。

ご予約・ご相談窓口

ご相談・ご予約はお電話でどうぞ。